代表理事の挨拶

先に開催されました(特非)いしのまきNPOセンターの総会で、前任の佐々木万亀夫代表理事から、たすきを引き継ぎました大河原惇と申します。よろしくお願いいたします。
 各NPO法人、各団体の皆様には、日頃より地域に必要なニーズを的確にとらえ、一生懸命に活動して頂いていることに敬意を表し、また、私どもへの情報提供をはじめ、様々なご協力を頂いていることに、心から感謝申し上げます。
 震災から2年半の月日が経とうとしております。今なお、多くのボランティアが全国各地から支援に訪れ、各地のNPO・NGOが石巻に拠点を置いて、被災市民への心のケ会サポートをはじめ、復興のための様々な活動を継続して下さっております。同時に、これまで市民活動を継続してきた既存の団体も、それぞれの分野で活発に動き出し、その活動は、仮設住宅で暮らす皆様の心のケアや見守り、環境保護・子供たちへの学習支援や子育て支援、コミュニティの再生など多岐にわたります。
 まさに我々が目指す、NPOが活気づく地域づくり、行政や企業・大学との協働・連携によるまちづくりが一歩一歩進む中、当センターといたしましても、中間支援組織の役割を再認識し、皆様のお役に立てるよう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 また、新しい取り組みで今年度より開設しました石巻のポータルサイト「巻.com」や、創刊120号を迎えた石巻支援オフィス通信「んぽん舗」による双方向の情報交流の場を提供してまいりますのでご活用お願いします。

 

特定非営利活動法人いしのまきNPOセンター 代表理事 大河原 惇